2024年02月13日

早くも春うらら

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpegimage3.jpeg
先日東京では久しぶりに大雪が降ったなどと、ニュースで言われていましたが、本日は朝から気温が上がりまして、早くも春うららの陽気に包まれております。

我が家には苗木を入れたら16本の椿がありますが、それらの椿の中で最も最後に咲くアンカーの椿である「絞り乙女椿」が早くも一輪咲いてきるのを見つけました。

陽気に誘われた訳じゃないのですが、お昼から庭の掃除をしておりますと、例年よりも苔の生育が良く、おそらく一ヵ月くらい早く成長しているかのようです。

我が家の苔は、少しずつ山から採取して庭に貼り付けてております。
以前、このブログにてもお話ししましたが、その山は、丁度、春日山の裏手くらいに当たりまして、私の家からはバイクで20分間ほどのところです。
自家用の果樹園でもしようと、父が40年程昔に地元の農家の方から譲って頂いた土地なのですが、最近は果樹は殆ど放ったらかしで、苔の採取の為だけの土地になってしまいました^_^!

苔と言いましても、沢山の種類があります。

どの種類の苔が私の庭の環境に合うかどうかは実際に貼り付けてみないとわかりません。

山に自生している何種類かの苔を自宅に持って帰りましたが、結局、定着してくれたのは、最もオーソドックスとされる「這い苔」(ハイゴケ)だけでした。

しかしこのハイゴケも、山に付いているバクテリアと、私の庭の土のバクテリアが合わないので、1年程度で9割は死滅してしまいます。

しかし、ここからが大切で、生き残った1割が頑張って庭で繁殖してくれます。
この苔こそが本物の庭の苔となります。
本物の庭の苔となれば、夏の日照りで一旦死滅したかのように見えても、秋の終わりには少しずつ新しい緑がでて着て、冬の寒さにも負けず春にはまた沢山繁殖を繰り返してくれます。

何故か、茶人は苔を愛します。

多分、苔の美しさは、茶の湯の「侘び寂び」の美意識の一つなのかも知れません。

茶の湯において、門から茶席までに通る庭を「露地」と言います。
露地の「露」とは、「あきらか」とも読みます。
すなわち、露地を一歩一歩進むにつれて、心を清め、心を「あきらか」にするところと心得ます。

露地の歩みは、「亘り六部に景色四部」と利休さんが言われたそうです。

景色四部の中に、却下の苔に目をやることを
本日の春うららの陽気が教えてくれたかと思います。

お稽古に来て下さる生徒さんも却下を看て下さったら少しでも心が洗われますよう、手入れを続けたいと思います。

堂後茶道教室http://www.dogo-sado.jpn.org
posted by 堂後茶道教室 at 14:17| 日記

2024年02月05日

白湯ブーム

image0.jpeg
今日のブログのタイトルは「白湯」ブームです。
「茶の湯」ブームの間違えではありません。^_^!
最近、若者の間に白湯を飲む事がブームになっているのをご存知ですか?

なぜ、白湯がブームなのか色々と調べてみたら、最近の研究で 白湯を飲んで内臓の温度が1℃上がると、免疫力が30%も増加する。などと研究結果を発表した機関もあるそうです。

白湯は何となく健康に良さそうな感じしますからね。

ところで、茶道の中にも、私ども千家流には「白湯所望」と言う作法があります。

これは、薄茶点前の中で行われるものなのですが、お茶では無く白湯を頂きたい時に、客の側から亭主に向かって「白湯を頂戴したく思います」と申し出ます。
この所望のタイミングは、とくに定めはありませんが、大抵、茶碗をすすぎその後茶巾で茶碗を拭き終えたくらいが丁度良いように思い出ます。

客より所望を受けた亭主は、茶巾で拭き清めた茶碗にいま一度湯を入れてもう一回すすぎます。
(これは、茶碗に付いている茶巾の残り香を落とす為です。)

すすいだ後はその湯を建水にあけ、茶巾で茶碗を拭かず さらにまた湯を茶碗に注ぎます。
この時の湯の量は、通常の薄茶の時の湯の量よりも少なめにします。

湯の入った茶碗は、通常のお茶を出すよう回して客付に出します。

白湯を頂く客の作法も、薄茶と同じです。

この様な、「白湯所望」の作法は古くよりあるのですが最近ではあまり一般的にら見られません。

この白湯ブームにあやかりまして、久しぶりに白湯所望もやってみたいと思います。

因みに、茶の湯の釜でじっくり沸かされたお湯は、釜の鉄分もあり、まろやかで甘みのある大変美味しいお湯であります。

堂後茶道教室http://www.dogo-sado.jpn.org
posted by 堂後茶道教室 at 23:34| 日記

2024年02月01日

東京でお茶事

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpegimage5.jpegimage6.jpegimage7.jpegimage8.jpegimage9.jpegimage10.jpegimage11.jpegimage12.jpegimage13.jpeg
1月29日〜30日、1泊2日で東京へ行ってきました。
今回の上京の目的は、東京府中市にある「龍生軒」でのお茶事に招待を受けたからであります。

「龍生軒」とは、東京府中市、府中駅のすぐ近くにある茶室で、20年ほど前に建てられました。
鉄筋コンクリートの建物の中に、原叟床の四畳の小間、八畳の表千家松風楼の写し、五畳の待合の小座敷、立礼席などかあり、かつ室内のツクバイ、室内露地もあります。
また、建物外に正式な露地も備わっております。
設計は、私達の業界ではあまりにも有名な中村昌生(なかむらまさお)先生(1927〜2018)で、龍生軒は、最晩年の作品と言えます。
因みに、中村先生の代表作は、新宿御苑の楽羽亭、名古屋白鳥公園の清羽亭、大阪中之島香雪美術館の中之島玄庵 などです。

その龍生軒を使って月釜や茶事を始め色々な茶道の活動をされている江上大輔様からこの度茶事のご案内を頂戴しました。

江上様のお流儀は、「肥後古流」と言いまして、江戸初期より熊本藩で細川家茶道役が伝承されている流派で利休から変わらない古式の茶の湯を守っておられます。

その珍しい流派の若手のホープで、東京で活躍されている江上様ですから、私も身が引き締まる思いでお伺いさせて頂きました。

肥後古流は、「利休から変わらずの古式」と言いましても、流石に細川家の武家の茶で、私どもの千家流の現在の型とは違、本当に勉強させて頂く点が沢山ありました。

私自身も茶事は、何度もさせて頂いておりますが、今回の茶事の経験でさらに新たな発見を沢山致しました。


これからも、出来るだけ他流や、活躍されているお茶人さんの茶事にお邪魔をし、自身の茶事のスキルをアップして行きたいと思います。

堂後茶道教室http://www.dogo-sado.jpn.org
posted by 堂後茶道教室 at 23:13| 日記
大森教室

〒630-8131奈良市大森町10-1

お問い合わせ・ご質問

電話: 0742-31-3058

E-mail:info@dogo-sado.jpn.org


まずはご連絡の上、お気軽に見学におこしください。メールをお送りいただく際は、info@dogo-sado.jpn.orgからのメールを受信できるよう、ドメイン設定をお願いいたします。
ご不明な場合は、お電話番号をご記入していただきましたら、折り返しお電話にてお返事をさせていただきます。
堂後茶道教室では、お送り頂いた個人情報は、お問い合わせのご返信のみに利用させていただきます。